デザインの重要性

DESIN デザインの重要性

誰にとってカッコいいのか

「とりあえずカッコよくして」とお声をかけていただけるお客様が多くいらっしゃいます。果たして全ての⼈の感性に響く「カッコいい」とは何でしょうか?マーケティング、UX、コンテンツ、SEO、マルチデバイス、ユーザビリティ、メンテナンス性。こういった様々な構成要素を考慮せず、「カッコいい」に固執してしまう事は、失敗するWebサイトの典型例です。分析から連なる多種多様な前提条件を元に、⽬的を持って構築していく事が「カッコいい」デザインの姿です。

UI・UX UI・UXのご説明

カッコよさと使いやすさ

UI・UXとはあまり⽿にする事はない⽤語ですが⼤まかに「カッコ良さと使いやすさ」です。UIとはカッコ良さ、UXとは使いやすさになりますが⻘⾊の背景に⽔⾊の⽂字、⻘⾊の背景に⽩の⽂字ではカッコ良さや⾒易さは⼀⽬瞭然です。サイトで買い物をしたいのに毎回ページを移動しなければ検索できないサイトと常に検索が表⽰されているサイトではどちらが使いやすいかは⼀⽬瞭然です。このカッコ良さと使いやすさを両⽴し、コンテンツをより魅⼒的に演出するデザイン構築を⽬指します。

RESPONSIVE レスポンシブのご説明

レスポンシブはもはや当たり前

「レスポンシブWebデザイン」とは、PC、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる画⾯サイズをWebサイト表⽰の判断基準にし、ページのレイアウト・デザインを柔軟に調整することを指します。

CATCHPHRASE キャッチフレーズの重要性

ユーザーのプロセスは4段階

第⼀段階 Attention(注意)  -  ユーザーに対して、内容をアピールし、注意を引くこと。
第⼆段階 Interest(関⼼)  -  ユーザーに対して、内容を掘り下げ、関⼼を持たせる。
第三段階 Desire(欲求)  -  ユーザーに商品に対する欲求があり、商品によって欲求を満たされることを⽰す。
第四段階 Action(⾏動)  -  ユーザーに⾏動(申し込みや、購⼊など)を起こさせる。

ユーザーがWebサイトに訪れた後のプロセスは4段階に分かれておりキャッチコピーとは第⼀段階注意の部分でどれだけーゲット層を絞込み、その層に強く訴求できるかにかかっています。男⼥、年齢層、季節、時間帯、あらゆる場⾯を想定し、ターゲット層に最も⾒てもらえるようなキャッチフレーズをご提案いたします。