提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

Web広告とは?  

企業は自社が製造した製品を売ることで利益を得るのが目的ですが、その製品を幅広く売るためには消費者に宣伝しなくてはならないです。これまでの宣伝方法は直に話に行くか新聞を媒体に広げていたのですが、現在ではインターネット普及によりWeb広告が主流となっています。Web広告には主にリスティング広告とアフィリエイト広告の2種類があるのです。

 

企業が宣伝のために用いるリスティング広告

Web広告において一番使われているのがリスティング広告だといえます。リスティング広告は、ヤフーやグーグルなどの検索専門サイトと月額で契約することで、制作したホームページを検索数に関係なく限りなく上位に掲載することです。企業が自社の製品を宣伝するためにホームページを作成すると、そのページがヤフーやグーグルなどのサイトに情報が送られて掲載されます。これらのサイトに掲載されることで情報が拡散するのですが、ただ普通にホームページを使って送信してもすぐに検索欄に掲載されるわけではないです。

 

ヤフーやグーグルも情報をまとめる検索エンジンというものが存在し、そのエンジンがいくつか条件を把握してクリックした数で欄の上位に移るという流れになります。検索エンジンが掲載したホームページに到達するには時間がかかるため、商品を売ることが目的である企業にとっては商品の情報伝達に時間がかかるだけ得られる利益も少なくなってしまいます。そこで検索サイトと契約して迅速に上位に反映してもらえれば、それだけ情報の拡散がスムーズに進むので利益を得やすいというわけです。

 

一般人が主に使用するアフィリエイト

近年急速に利用者が増えているのがアフィリエイトという方法です。アフィリエイトは、企業がアフィリエイト専門企業と提携してHTMLタグを作ってもらいホームページに掲載してもらうという仕組みです。Web広告は検索欄に載って初めて効力を発揮するものですが、ただ欄に載るためには検索エンジンに感知してもらわなければいけないです。

 

検索エンジンに感知してもらうためには、ネットを利用している人からたくさんのクリック数が必要です。そこでアフィリエイトの出番であり、契約すると専門サイトの中にタグを作ってもらえるのです。そのタグを、同じく専門サイトと契約した一般のブロガーに掲載してもらいます。ブロガーにとってはブログやホームページの空きスペースを有効活用できるだけでなく、そのタグを検索してもらって商品が売買できれば売り上げの数パーセントが還元できるので利用する人が多いです。アフィリエイトをするためのブロガーが自身のブログやホームページに、宣伝したい企業とリンクしてもらえればクリック数を稼ぐのと同等の効果を発揮するので検索欄の上位に入れます。

 

まとめ

インターネットの普及に伴い販売ルートの拡充は、企業にとって最大の利益を上げられる好機になっています。ただ商品をほしい人に届けるためには、しっかりと説明を含めた情報を伝えなくては売り上げにつながらないです。そのためのWeb広告ですが、リスティング広告を利用するときには絶対の自信がある新商品の宣伝に使うとよいです。そしてアフィリエイト広告は新商品というよりも、それ以外の主力商品が安定して販売できる情報源として活用するのが望ましいといえます。

ブログ一覧へ戻る