提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

WEB制作を始める前に知っておくべき著作権の基礎  

WEB制作の際には、様々な写真や文章などの素材が組合わせて作られています。そこで知っておきたいのが著作権になります。著作権とは著作物に対して与えられている権利で、経済的な価値も生み出します。しかし、詳しい知識がないためにトラブルに発展してしまうことも少なくありません。WEB制作を始める前にきちんと理解しておくことが大切になります。

 

そもそも著作権とは?

著作権とは著作者に対して与えられる財産権のことをいいますが、著作物の対象には様々な著作物があります。小説や脚本、論文など言語によって書かれたものもありますし、絵画・彫刻・版画といった美術系の著作物もあります。音楽や舞踊・ダンスなどもありますし、建築物や地図なども対象となります。映画などの動画や写真もその中の1つです。

それから著作者人格権と呼ばれる権利もあります。著作者が自分で作った制作物に対して、強い思い入れを持っていることは当然のことです。その想いを踏みにじられることがないように認められているのが著作物人格権で、「公表権」「氏名表示権」「同一性保持権」という3種類の権利があります。

そして著作権には、複製権・上演権・口述権・譲渡権といった様々な権利が与えられています。特に注意が必要なのは譲渡権で、著作者は著作権の全てか一部を譲渡することができます。どこまでの権利を譲渡するのかによって食い違いが起きることがあるので、事前にしっかりとその範囲を取り決めておくことが大切です。

 

写真を取り扱う上での注意点

WEB制作で使用することが多い著作物といえば写真ではないでしょうか。WEB制作にあたっては、写真を使用するためにカメラマンに撮影をする方法と素材を購入するという方法があります。

カメラマンが撮影する場合には、依頼者との間で幾つかの点についてきちんと決めておく必要があります。撮影した写真を特定のWEBサイトのみで使用するのか、それ以外にも使うのかといったことです。場合によってはチラシやパンフレットなどの紙媒体に使用することもあるでしょうし、依頼者が二次的な利用を考えていることもあります。撮影した画像データを全て納品するのかや撮影カット枚数のみを納品するのかなども事前に確認しておきたいポイントになります。

また、素材を購入する場合には多くのWEBサイトで画像使用に関する規定を設けているので、それを確認するようにしましょう。素材の中には著作権フリーやロイヤリティフリーのものもありますし、利用料金が発生するものもあります。期間の制限や独占的に使えるのかなど条件を事前に確かめることが重要です。

 

まとめ

WEB制作の際に使われることが多い写真ですが著作権が存在しています。これは著作者に与えられている財産権で、理解が足りないとトラブルに発展してしまうことも少なくありません。WEB制作ではカメラマンが撮影する場合と素材を購入する場合があり、それぞれ注意するポイントがあります。素材を購入する場合には、使用条件をしっかりと確認するようにしましょう。

ブログ一覧へ戻る