提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

WEB制作を依頼する前に、開発の流れを徹底解析  

WEB制作を外注する際には、より精度の高いWEBサイトを制作してくれる業者を探すことが重要となります。そして、そのためには発注をする側がどのような工程を通してWEB制作を行っているのかを知り、開発過程における工程管理がしっかりとなされていることを確認する必要があります。

ここでは、一般的なWEB制作会社において行われているWEB制作の全工程を7つに分け、それぞれで行われている作業内容などについて解説しますので、特に初めてWEB制作を依頼する方は業者を選定する際の参考にしてみてください。

 

「プロジェクト設計」

依頼者との契約が締結し、WEB制作のプロジェクトを遂行することが正式に決まると、業者ではプロジェクト全体の設計を行います。ここでは、そのプロジェクトにかかわる主要なメンバーが工程ごとの担当者を決めることでチームを形成していき、そのためのミーティングなども入念に行われます。

また、プロジェクト設計では制作環境や管理体制の整備、定義書の作成なども行われます。これらの業務はWEB制作にかかわるあらゆる作業を円滑に行うための準備として重要であるだけでなく、プロジェクト全体をより把握しやすいようにし、作業の進捗状況を依頼者に報告する際の手間を省く上でも大きな意義があるため、特に全体をまとめるプロジェクトマネージャーにとっては、プロジェクトの成功を左右する重要な局面であるといえます。

最終的にすべてのプロジェクト設計が完了すると、依頼者とのキックオフミーティングを行い、依頼者がそれを了承すると正式にプロジェクトの各作業が実行されます。

 

「戦略」

WEBサイトの制作にあたっては、十分な戦略を練らなければ期待する費用対効果は得られないかもしれません。優良なWEB制作会社では、ただWEBサイトを制作するのではなく、依頼者が求める効果に合ったWEBサイトを制作するための戦略を練ってもらうこともできます。

この工程では、依頼者側に対して行ったヒアリングの内容が土台となることから、最初に「経営」「マーケティング」「ブランディング」「ターゲット」「競合」などに関するヒアリングが行われます。よって、依頼者はこれらの質問に対してできるだけ詳しく回答することで、より有益なWEBサイトを制作してもらえるようになります。

ヒアリングによってWEB制作のおおまかな方向性が決まると、続いてユーザーや競合などの第三者を対象とした調査も行われます。この調査はユーザーテストやアンケート、インタビューなどを通して行われ、それらの結果にもとづいて、より詳細な戦略を練ります。

 

「設計」

戦略を練る工程が終了し、WEB制作の方向性が決まると、その内容にもとづいて制作するWEBサイトの設計が行われます。この工程では、いきなりサイト全体の設計を検討するのではなく、想定されるユーザーのジャーニーマップの作成や使用するUIパーツの選定などを行いながら徐々にWEBサイト全体を設計します。

また、WEBサイトはページごとの内容によってグループ分けがされ、それぞれで異なる担当者が作業を行うことがありますが、担当者間での情報の共有や意思の疎通が円滑に行われないと、WEBサイト全体での連動性が損なわれてしまうこともあります。このことを防ぐため、WEB制作会社では頻繁なミーティングを行うことや社内ブリーフィングを活用することによって、プロジェクト全体で連携が取れるようにします。

 

「制作」

設計の工程が完了すると、その内容にもとづいて「制作」が行われます。制作というと大雑把な印象を受けるかもしれませんが、ここではWEBサイト上の主にユーザーが目にする部分のデザインを行うと捉えると分かりやすいでしょう。

この制作の工程においても、いきなりWEBサイトのデザインを検討し始めるのではなく、初期の段階ではディスカッションや社内ブリーフィングを活用することによるデザイン面に限定した詳細な設計が行われます。ここではコンセプトやベースデザイン、実際に使用するデザインパーツなどを個々に検討していき、徐々に全体の設計を形作っていきます。

デザインにかかわる全体の設計が決まると、それにもとづいてデザインパーツやコンテンツが作成されていきます。また、サイト上で表示する画像はこの段階で撮影します。

 

「開発」

制作の工程では主に表面的なデザインを行っていくのに対し、「開発」の工程ではWEBサイトを運営するために重要な下層部のシステム開発を行います。ただし、この工程にはより専門的な知識が必要となるため、WEB制作会社によっては、この工程のみ外部業者と連携しながら作業を進めていくというケースも多いようです。

この開発の工程で行われる基本的な作業は「制作」の工程に似ており、最初にディスカッションや社内ブリーフィングの活用による設計を行ったのち、それにもとづいてシステムが形成されていきます。ただし、この工程ではより精度を高めるために厳密なルールの定義が必要となるため、ディスカッションなどに割く時間は制作の工程に比べて長くなることもあります。

基本的なシステムが完成すると「ログ解析設定」「MA設定」「サーチコンソール設定」などの各種設定が行われます。また、デザインとシステムは連動していなければならないため、最終的には制作と開発の各工程の責任者がチェックを行います。

 

「テスト」

開発の工程が完了するとシステム、デザインの両面での不具合などを確認し、修正するためのテストを行います。この工程には基本的にプロジェクトにかかわったすべての作業者が携わります。

また、テストは1回だけでなく、依頼者との確認を通して複数回にわたって行われ、それに先駆けて依頼者に対してはWEBサイトのサンプルがわたされます。そのため、依頼者にとってこの段階は自身の要望を伝えるための最後の局面となります。

一方、このテストの工程では、依頼者への確認とそれに伴う微調整だけでなく、「UXテスト」「テキストの誤字・脱字のチェック」「ブラウザチェック」などの確認も行われ、これらすべての作業を通し、最終的にリリースできるクオリティを伴ったWEBサイトに仕上げていきます。

 

「リリース&運用準備」

WEBサイトが完成するといよいよ一般向けのリリースとなります。しかし、リリース前には詳細なリリース日時の決定だけでなく、特定のサイトへアクセスしたユーザーを他のサイトへ自動遷移させるための「リダイレクト設定」などが必要になることもあるため、リダイレクト設計書などを作成した上でリリースに備えなければなりません。また、これらの作業を行い公開可能になった段階で、依頼者に対してはリリース許可を得るための最終判定を仰ぐこととなります。

また、制作したWEBサイトはリリースしたらそれで終了ではなく、リリース後に生じた問題の修正や保守業務も行う必要があります。そのためには、WEBサイトの運用ルールの決定や依頼者側でWEBサイトの運用を行うためのマニュアルの作成も必要となり、これらの業務もまたWEB制作会社が行ってくれます。また、マニュアル完成後は、依頼者とWEB制作会社の責任者立会いのもと、WEBサイトの運用方法に関するオリエンテーションが開催されることもあります。

以上の工程を行い、リリース後1~2週間程度が経過すると最終的なクロージングミーティングか行われ、そのプロジェクトは終了となります。

 

まとめ

業者ごとに若干の違いはあるものの、基本的にWEB制作は以上のような工程で行われます。また、この基本的な流れを順守することはWEB制作全体の精度を高める上で重要となるため、業者選びにおいては、ここでご紹介した各工程が抜けていないかという点を確認するのがおすすめです。

ブログ一覧へ戻る