提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

SEO対策の基礎/SEOは永遠の課題  

SEO対策は、Webでマーケティングを考えている個人や法人にとって欠かせないものです。SEO対策を行わないとユーザーの目の留まるところにサイトを表示することができません。かといって、他と同じような対策をしていては差別化を図ることが難しくなります。効率的に実践して、より良いコンテンツを提供できるように努力する必要があります。

 

Webで活動するために必須のスキル

SEO対策は、Webで活動するために必ず重要になる対策です。検索エンジン最適化という意味で、その名前の通り検索エンジンを最適化するためにユーザー側から検索エンジンにアクションをすることを意味します。例えば、検索窓から特定のキーワードを打ちこむと、そのキーワードに関連した優先順位の高い順からサイトが表示されます。この優先順位は、評価の基準であるアルゴリズムによって判断されています。検索エンジンはWebに存在するあらゆるサイトの優劣を判断しており、より優秀な情報を提供するサイトを高く評価して順位付けしているわけです。そして、こうした順位付けに関する評価というのは、サイトを運営するユーザー側からの情報発信で容易に変化させることができます。アルゴリズムは機械的な判断基準であるため、人間の目で確認しているわけではありません。検索上位に掲載されたいと考えるのならば、そのようにアクションを起こすことで自由に順位を変化させることができるわけです。この方法がSEO対策であり、検索エンジンそのものが認めている正規の手法です。

 

集客につなげるためのテクニック

SEO対策は、大手のサイト運営者ならば間違いなく行っている対策です。そのため、個人や中小が中途で参入してそれら大手のサイトに対抗するためには少し工夫も必要です。例えば、検索エンジンは特定のキーワードに対して優先順位の高いサイトを表示します。ただ、誰もが知っているようなキーワードを選択してSEO対策を行ったとしても満足な集客を見込むことができません。これは、大手のサイトと競合することになるからです。大手のサイトは、検索エンジンから高く評価されるために大きなコストを支払っており、これを個人や中小が崩すことは容易ではありません。集客を考慮するのならば、大手のサイトが選択しているキーワードを避けて勝負に出ることを考える必要があります。SEO対策には、コンテンツの充実や広告を利用したリスティングなどといった方法がありますが、この考え方は全ての対策に共通しています。理想的なのは、キーワード同士に関連性を持たせて自分だけの独自のキーワードを選定してそれをユーザーに検索してもらうことです。

 

まとめ

SEO対策は、確かにほとんどのサイト運営者が行っている便利な手法です。しかし、ほとんどの人が行っているためそこには必ず競合が生まれます。集客を望むのならば検索エンジンの機械的な評価の判断を念頭において、他とは違ったキーワードを選択して勝負をすることが大切です。そうすることで、大手のサイトが見逃しているユーザーを獲得することができます。

ブログ一覧へ戻る