提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

SEOコンテンツ/SEOコンテンツを徹底解析  

サイトは何らかの目的を持ち、ビジネスの場合であれば商品を紹介してアクセス数を増やし、売り上げを伸ばすことを目的に制作されます。その際はそのサイトへの訪問者が多く訪れ知りたい情報を提供し、目的とすることが得られることが大切になります。

SEO対策はSearchEngineOptimizationの略語で検索エンジンでキーワード検索を行った際に最初のページの最上位に表示されるように工夫を行うことを指します。

 

SEO対策は実際に存在するのか?

検索エンジンも以前はそのアルゴリズムの分析や変化をとらえることである程度の対策をとることが出来る時期もありました。

しかしその後これが変更され、現在ではこれを分析する具体的な方法は見つからなくなったと言われています。

従って全般にアクセス数を伸ばすにはページを充実させて、優良な被リンクを集めることや訪問者が知りたい情報を提示し、価値ある内容のものを作成して、これを常に更新して行くことが求められていると判断されます。

これには検索を通じてサイトに流入したユーザーがどのような経路を通って閲覧するのかをアクセスカウンターによるページごとの状況をチェックし、それに適したコンテンツ内容に改良して行き、ランディングページの充実やナビゲーションでの目的ページへの移動がスムーズに行くような構成や配色などが大切になってきます。

これは更新作業を行ううちに少しずつ変えて行き、時間をかけて効果あるものにすることが出来ると言われています。

価値ある情報と言っても、難しい用語が使われていて理解に苦しむような内容でもアクセスは伸びず、ユーザーにとって分かりやすい表現、認識しやすい文章や記述にする必要があるとされています。

 

具体的にこれを充実させる方法とは?

“検索を掛けた場合に上位の表示を狙うには似たような内容では効果は少なく競合するサイトにはないオリジナル性を持っていることが求められます。

検索エンジンも以前に比較してキーワードの把握だけでなく文脈の内容まで理解できるように進化してきていて、コンテンツ内容が重要視される所以と言われています。

コンテンツの質に限らずその量も重要で、短期に考えるのではなく、長期的な計画を立てることが大切でその点根気のいる更新作業が伴うとされています。

キーワードの設定ではメインとなる注力キーワードを設定し、次にSEO対策で上位を狙うテールキーワードをキーワードプランナーなどのツールを使って探します。

それと並行してコンテンツの量も増やすようにしてこれで結果的にテールキーワードからの流入を増やすことが出来ると言われています。

コンテンツについてはユーザーの身になって考え、これをページに反映させるようにし、Googleアナリティクスなどの解析ツールを使い、効果を確かめながらこれをある程度時間をかけながらより良い充実した内容にして行きます。”

 

まとめ

“SEO対策は以前はキーワードについて工夫を行うことでこれを行ってきましたが、検索エンジンのアルゴリズムの変更もあり、その後文章内容の理解もできるように進化してきました。

そのためにコンテンツ内容の価値を高めその質と量の充実によってユーザーの知りたい内容のものを提供し、これを更新して行くことが効果を持つと言われています。

ブログ一覧へ戻る