提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

Googleアナリティクスを使った解析  

インターネットでWebサイトを運営・管理している方で、「Googleアナリティクス」というGoogle社が提供するWeb解析ツールを知らない方は皆無なのではないでしょうか。もし、知らない方がいたとすれば、その人はサイト運営者として失格とも言えます。サイト運営を成功させるためには、この非常に便利な解析を最大限に利用すべきでしょう。

 

的確にサイトを分析し、コンバージョンUP

Googleアナリティクスは、Webサイトにタグを導入することによって、そのサイトに訪れたユーザーの属性や行動などを解析してくれる便利なツールです。それによってどういうことが分かるかと言うと、訪れた人が男性なのか女性なのか、年齢はどれくらいの人なのか、その人がどのサイトからやってきてくれたのか、何に興味を持ってサイトを訪問してくれたのか、等といった訪問ユーザーの特徴が可視化されるのです。そのような属性や行動思考が分かってくると、サイト運営の戦略を立てやすくなります。

 

例えば、男性ユーザーが多いと思っていたのに、女性の訪問者が多いとなれば、女性ウケしそうなデザインや構成に変更すればいいのではないかという案が出ます。また、性別は女性で、30歳くらいのユーザーが訪れてほしいのに、残念ながらそのような属性ユーザーが訪れてくれていない場合は、広告の出し方や宣伝のアプローチの仕方に問題があるのかもしれませんという仮説が生まれます。

 

Googleアナリティクスは、確かな情報により、戦略を練ることが出来やすくなるマーケティングツールなのです。

 

Googleアナリティクスは王道ツール

実はこのようなサイト解析ツールを提供している会社は沢山あります。定番であるのが、このGoogleアナリティクスですが、全く別の解析であったり、Googleアナリティクスとの連携を強化するようなツールがあります。Googleアナリティクスは基本的には無料ですが、有料版サービスも存在します。他社のツールも同じようなものであり、無料で使えるものあれば、グレードアップ(有料版)で更に提供サービスの幅を広げられたりします。

 

人気であり、おすすめなのが、AI機能を持つツールです。基本となるデータはGoogleアナリティクスからの情報ですが、その量が多く多岐にわたるため、一体どの点に注目すればいいのか分からなくなります。そういった管理者様を手助けしてくれるのがAI機能です。サイト管理者が欲しい情報だけを分かりやすく表示してくれたり、コンバージョンを良くするためのヒントを与えてくれます。人間の目では見逃してしまいそうな変化をAIが気付いてくれたり、どのような部分が強みで、どこが弱みなのか等も気づかせてくれます。その他、ABテスト等を導入しているツールもあり、AI機能を利用して、運営向上のフローに乗せることもできます。

 

まとめ

インターネットでサイトを運営する方にとって、このGoogleアナリティクスを始めとするWeb解析ツールを利用しない手はありません。もちろん解析された情報は予測値であって、必ずしも正しいデータでないケースもあります。しかしながら統計的に考え、物事を網羅的に掴もうとするのであれば、今のGoogleアナリティクスの解析情報だけでも、十分に利用できる宝の情報なのです。

ブログ一覧へ戻る