提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

Googleアナリティクス、資格があるって知ってた?  

多くの企業Webサイトに導入されている分析ツールの「Googleアナリティクス」ですが、その習熟度を客観的に証明できる認定制度があり、認定資格としてGoogleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)というものがあります。これはどのようなものか、また取得することでどのようなメリットがあるのか纏めました。

 

Googleアナリティクス個人認定資格

Googleアナリティクス認定資格は、その名の通りGoogleアナリティクスのスキルを証明するものになります。認定試験の理解度テストでは、デジタル解析の実務とGoogleアナリティクスプラットフォームに関する知識が出題されます。試験に合格するには理解度テストに合格する必要があります。試験はGooglePartnersプログラムで申し込みをします。受験料は無料となっています。

 

試験対策として以下の2つのアカデミーが開催されていますので、こちらを受講されると良いでしょう。

・Googleアナリティクス初級者向けコース
・Googleアナリティクス上級者向けコース

理解度テストは70問選択式で90分の制限時間があります。試験を開始するとタイマーがあり一時停止することはできません。例えばブラウザを閉じたり、パソコンがシャットダウンしてテストが中断された場合、すぐにタイマーは時間切れになってしまいます。再受験は1日待つ必要があります。また、合格ラインは80%となっています。尚、有効期限は18か月となっていて、更新するには理解度テストに合格する必要があります。

 

GAIQ認定資格のメリット

認定試験に合格すると、どのようなメリットがあるかというと、大きく2つのメリットがあると考えられます。1つはビジネスとしてWebの解析に必要な知識を身につけることができます。試験に合格すると、GooglePartnersプログラムアカウントから「個人認定証」を表示・印刷できますので、Googleアナリティクスのスキルを客観的に証明できるようになります。つまり対外的に身につけた知識をアピールできるようになります。

 

デジタルマーケティング業界では、企業によっては社員にこのGoogleアナリティクス個人認定資格の取得を推奨している企業、また全社員が取得している企業もあります。もう1つのメリットは、Googleアナリティクスの機能や能力を最大限に引き出す知識が問われますので、Webサイトの利用状況の分析を行ない、売り上げや利益向上に繋がるようにWebサイトの改善を実施するために必要な知識を得られます。このGoogleアナリティクスのスキルを生かすことで、Webサイトのボトルネックを見つけ改善提案をすることもできるようになります。

 

まとめ

このように認定資格を取得することで自分自身のスキルのアピールもできますし、今後のキャリアアップや社内へのアピールだけなく、転職する場合にも評価される資格になると思います。また、Webサイトの分析、改善提案もできるようになることでスキルアップも図れますので、是非認定試験の受講を検討されてみては如何でしょうか。

ブログ一覧へ戻る