提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

CIVIBIの違いを解説  

企業やブランドのイメージを印象づけるために必要なロゴマークは、マーケティング上、業種やセールスポイント、考え方などを考慮してデザインする必要があります。そのためにCIやVI、BIなどといった考え方が出てきますが、これらをはっきりと区別・理解しないとデザイナーと企業側との間で齟齬が生じてしまう恐れがあります。

 

ロゴマークに必要なCI・VI・BIとは

CIとは「コーポレート・アイデンティティ」の略で、その企業の持つイメージや経営理念などをデザインで表現しなければならないため、形だけではなく配色やバランスもとても重要です。社員のモチベーションを始め、取引先などを含めた社会への印象も大きく左右する大きな意味と目的を持っています。

 

VIとはCIの構成要素のひとつで「ビジュアル・アイデンティティ」を表します。ロゴを中心とした視覚的な展開を統一する目的と、名刺やウェブサイト、商品などのビジュアルに一体感を持たせる意味があり、企業の中核を担う商品などの場合は特に重要な役割があります。

 

BIは「ブランド・アイデンティティ」の略語で、自社や自社の提供する商品やサービスが、顧客にどう思われたいかを明確にするために必要な考え方です。CIやVIのような見た目だけではなく特徴や個性をより明確にして、価値としてブランディングしていくことを指します。何か商品を購入する際に、このBIが入っているかいないかは、顧客の購入意欲に影響を及ぼすなどの大きな役割があります。

 

CI・VI・BIを開発することの重要性

機能や形状など似たような商品がいくつかあった場合、顧客が何を基準にしてひとつを選択するかにCIとVI、BIは重要な役割を果たします。より多くの人々に自分たちの企業を認知してもらうことは企業にとって命題のひとつで、知られることにより商品の品質向上や社員のモチベーション向上にも繋がり、企業が求める利益を生み出すための基礎ともなります。これらのことから、ロゴマークを新たに作る際には、マーケティングも含めた周辺要素にも十分に考慮して取り組まなければなりません。

 

そして、戦略的に作ることによって、今後の企業の発展の方向や開発などに好影響を与えることに繋がります。ロゴマークとブランディング価値をしっかりと理解することができなかった場合、企業と顧客の間に場合によっては取り返しのつかない大きなかい離を生じることにもなりかねません。企業のイメージを統一することは社員の団結力の向上に大きな役割を果たし、企業を背負って行動する意識をも高めることにもなり、結果的により良い企業として成長することとなります。

 

まとめ

顧客に競合他社と区別してもらうためには、商品の品質やサービスの向上だけではなく、企業イメージの向上にも努める必要があります。CI・VI・BIは、企業が目指すべき理想的なあり方や社会に対する存在理由など表現するためにとても重要な考え方で、理念と行動の統一に繋がります。ロゴマークを作る際には顧客と企業に認識のずれが無いように十分に検討することが必要です。

ブログ一覧へ戻る