提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

CI VI BIを設定することで行動に指標を作る  

CIとは企業ブランドの構築と定義、VIとはブランドの可視化と整合性、BIとはブランドの明確化と訴求という意味があり理念視覚価値の三つに統一性を持たせることによってマーケティング戦略を行うことが出来ます。

またあらかじめ統一をさせておくことによって、企業で働く社員も顧客も企業ブランドのイメージを統一かさせていくことが出来るでしょう。

 

統一性を持たせることによって強みが出る

企業には企業が持つ目的や企業そのもののイメージなどそれぞれの特徴というものがあります。他とは違う特徴を持つことによって企業の強みが出てきます。

CIとはコーポレート・アイデンティティを略した言葉で、企業のサービスをメッセージで顧客に伝える活動のことを言います。

VIとはビジュアル・アイデンティティを略した言葉でブランドイメージをロゴやデザインなど目で見える視覚を通して訴えた活動のことです。

BIとはブランド・アイデンティティのことで印象やイメージを顧客に共通したメッセージで伝えることをいいます。
これらの三つを強く訴えることによって自社ブランドの持つイメージや特徴などを顧客にメッセージを送ることが出来ますし、他企業との差別化を図ることが出来るでしょう。

顧客に自社ブランドを満足してもらうためには、自社製品の品質やサービスを知ってもらう必要があります。社会に自社製品を周知させることが出来ます。マーケティング戦略の1つとしてこれら三つのCI、VI、BI力を入れることはとても重要なことだといえるでしょう。

 

ブランディング価値を高めるためには

マーケティング戦略として会社ロゴによるブランディング価値を高めることは重要なことだといえます。CI、VI、BIを意識して会社ロゴを作れば、中小企業や地方企業でも多くの人に視覚やイメージで訴えることが出来ますので、ロゴを一目見ればどこのものだと多くの人が認知することも可能です。
ブランディングを成功させるためには、宣伝活動も必要になります。

広告やテレビでのコマーシャル、ネット業界などで自社のロゴを含めた宣伝を行うことによって、周囲に認知させていくことが出来るでしょう。企業のイメージは重要な財産となりますので、ロゴマークやイメージキャラクター、商品などのデザインにお金や時間をかけることはとても大切なことになります。CI、VI、BIを意識した商品作りはヒットすれば大きな儲けにもなりますし、あまり意識せずにただ思い付きで作った商品の場合、残念ながら失敗してしまうこともあります。顧客が認識できるような特別なロゴデザインなどを製作することによってマーケティングで成功することが可能になるでしょう。

 

まとめ

CI、VI、BIは企業のイメージや商品、企業名を顧客に伝えるためにとても重要なものです。マーケティングで成功するためにも特別なロゴデザインなどを製作しなければなりません。この三つに力を入れることによって、企業や企業のイメージ、商品などを他ブランドと差別化させることも出来ますし、顧客にブランドのイメージを定着化させていくことが可能になります。

ブログ一覧へ戻る