提案型WEB制作なら東京・神奈川・栃木のNext

ブログ

仮想通貨とは  

始まった仮想通貨時代! これからの資本主義はダイナミックに変化していく!

 

 

2017年は仮想通貨元年と呼ばれた。

その言葉を裏付けるように年をまたいだ2018年も連日連夜、ビットコインを始めとする仮想通過関連のニュースでもちきりだ。

それもそのはずである。昨年12月の大幅な調整を経て、ほとんどの仮想通貨が上昇を見せている。いまや仮想通貨市場全体の時価総額は8300億ドル(約94兆円)にも達し、1兆ドルにリーチがかかっている。

2009年に登場した仮想通貨の代表格であるビットコインを筆頭に、仮想通貨市場は急成長を遂げ、時価総額が2兆円だった2017年初から比べて約47倍のロケットダッシュだ。

 

だが、これだけ仮想通貨やビットコインという言葉をよく聞くようになっても、いまいち仮想通貨の仕組みがわからない、興味があるがなにから始めたらいいか解らないという人も大勢いる。

私も最初はその一人だった。

仮想通貨の捉えかたは人それぞれだが、私の場合は投資目的で仮想通貨に興味をもった。そして投資に勉強はいらない。まずは始めてみることで仮想通貨のことを学んでいこうと思って最初のビットコインを購入した。
その経緯を、私なりに分析した感想もつけて解説していこう。

 

 

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨の代名詞であるビットコインを例に挙げていく。

ビットコインはインターネット上で使うことができる通貨で、「仮想通貨」や「暗号通貨」「デジタル通貨」と呼ばれる。

紙幣のように実際には存在しないが、円やドルと同じようにリアルなお金として取引ができる。そして円やドルと同じく通貨単位が存在する。ビットコインだと「BTC」と表記され、1円や1ドルのように、1BTCと、数える。

イメージしやすい例を挙げると、Yahoo!や楽天サイトのショッピングで還元されるポイントに近い。10000円分の商品を買うと10%の還元ポイントをもらえるサービスがある。

10000円の10%である1000円分のポイントを次回のショッピングでポイントとして利用できる。

またオンラインゲーム内の通貨も仮想通貨と似ている。円やドルを支払って、ゲーム内で使われている通貨を手に入れれば、そのゲーム内で使われている通貨が「使える」ゲーム内のお店で、アイテムを買うことができるという仮想通貨もビットコインの役割に近い。

そしてビットコインの利便性は仮想世界をまたぎ現実世界でも利用できるようになることからその知名度は爆発的に広がった。

 

 

仮想通貨の役割

仮想通貨とはなにか?

仮想通貨はブロックチェーン・テクノロジーを根幹とした分散型のコンピューターネットワークで、中央集権を置かずにしてコンセンサス(信憑性のある合意)を到達する方法を可能にするソフトウェアである。と小難しい言葉を並べられて説明されても、今から仮想通貨を始める人にとっては意味不明である。

簡単明瞭に、その質問に答えるなら、仮想通貨はインターネット上のお金と表現することが正しい。

本来お金とは価値を数値化したものであり、世の中には、家や車といった「物」以外にも、「時間」、「労働力」、「技術」「情報」などにも価値がある。

そしてお金は、価値を数値化したものであるため、このような世の中にある価値のあるものとお金を交換することができる。

福沢諭吉の肖像画が印刷されている一万円札は、一万円札の価値があると、人に信用されているからその価値がある。ただの紙幣に信用がのることでその価値が生まれ、日本政府は日本銀行に発行を依頼している。

それに価値があると信じていれば、別にそれが石でも貝殻でも金属でも電子的な数字でもいいわけである。ニワトリが先か卵が先かというだけのことなのだ。

 

 

仮想通貨の種類

仮想通貨といえば「ビットコイン」を思い浮かべる人がほとんどである。今は様々なメディアでとりあげられて、「ビットコイン」の他には「イーサリアム」「リップル」などもその知名度を上げてきているが、実際仮想通貨は1000種類以上存在する。

単純な話、プログラミングの知識、技術さえあれば個人でも仮想通貨を発行できるし、数ある仮想通貨の中には無価値の通貨も存在する。

その為、仮想通貨事情も数年前と比べると詐欺の比率も増加している。

はじまりはビットコインの価値も1BTC=0.1円にも満たないほどだったが、2018年は1BTC=200万円前後で取引されている。

信用がつけば価値があがる。今はその信用がないが、今後の仮想通貨は・・・などと、でっちあげの仮想通貨をつかまされる詐欺は2017年もっとも多かった。

その為、仮想通貨について疑心暗鬼になり、手を出しづらい点もあるが、時価総額上位にきている仮想通貨は、多くの取引所でも取り扱っているので、時価総額には安心と信用という点が付随されると考えても良い。だからこそ時価総額が高ければ高いほど安心と信用はある。いや、この説明には少し語弊がある。安心と信用があるから時価総額があがると考えるのが適切である。

 

 

隣の芝生が青く見えてしまう仮想通貨市場

2017年は仮想通貨バブルと言われているが、私はそう思わない。

仮想通貨の流通の歴史はまだ10年足らずで、そう大して歴史がある世界でもないのに、いまが最高値なのかと問われれば、その答えを知っているのは空のうえの誰かしかいない。今後のビットコイン1BTCの時価総額は五百万円。いや一千万以上と名のある投資家たちは予想しているが、その話はでたらめとは思わない。もっといえばビットコイン以外の仮想通貨もこれからどんどん時価総額をあげていきビットコイン以上の存在価値をもつ仮想通貨がでてくるのではないかと思っている。それを見極める先見の明があれば、億万長者だ。今は億り人というらしいが、私が初めてビットコインを買ったとき、イーサリアム、ライトコイン、モナコインの価格が上昇した。逆にビットコインの価格は下降気味だった。それをみて、イーサリアム、ライトコイン、モナコインを買った。

その時に思ったのは、結局のところどの仮想通貨がこれから頭角を現してくるのかわからない。巷の情報をもとに予想をたてても、それが当たるという根拠はない。

だからこそ私はどれが今後伸びてくるかわからないなら、取引所にでている仮想通貨を全部、少額でもいいのでもっておこうと考えた。

ブログ一覧へ戻る