提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

見積もりをちょうだい、はもう辞めよう  

何か新しいプロジェクトを始める際に、多くのターゲット層にプロジェクトを把握してもらうためにも、手軽に誰でもアクセスすることが出来るWEBサイトの作成を考える企業は少なくありません。
実際にWEB制作をする上で、自分自身にスキルがある場合は作成を行いますが、制作会社に直接依頼をする場合は、方向性や費用面を把握しておく必要があります。

 

方向性が決まらないと見積もりは出せない

新しいプロジェクトに取り掛かると、企業のWeb担当は専門会社に依頼を出してWEBサイトの作成を行う必要があります。この際に専門会社側で一番困ってしまう以来の一つが、「とりあえず見積もりを出して欲しい」といった依頼です。

WEB制作を行う上で、作る内容やサイトの概要など作成をする上で最小限でも必要となるイメージが固まっていない限り、概算の見積もりを出すことは難しいため内容によってかかる費用面も大きく変動してしまう可能性があるのです。

そのためトラブルを避けてWEB制作をするためにも、専門会社側では事前に質問を複数することで、金額変動を最小限に抑えた見積もりを出すことが出来るようになります。そのことからスムーズに依頼をするためにも、企業側のWeb担当者は調査、方向性の確定やサイトの概要、名前やキャッチコピー、想定流入キーワードといった目標などもまとめておき、依頼時に伝えるようにすることをおすすめします。

最低でも何をすることを目的としているのか、ターゲットはどのような層なのかなどをまとめておきましょう。

 

WEBサイトの費用を把握しておく

WEB制作の依頼を行う上で、人の注目を集める良い物を作成して欲しいと思っている方は多いですが、やはり良いものを作る上で必要となってくるのがある程度の費用が確保できるかという部分です。

特に初めてWEB制作の依頼を行うという方は、制作コストはもちろん制作後のランニングコストなどもかかってくるので、ある程度の相場を把握しておくことが必要となります。

WEB制作を行う上で大きくトラブルになりやすいのが、WEB制作の費用は事前に予算を確保して稟議を回したけれど、見逃していた部分のコストが漏れていたということが起こる場合です。用意しておいた予算以上にコストがかかってしまったというトラブルを防ぐためにも、開設するために必要な費用を見積ることが大切なのです。

開設にかかるコストには、ドメインの取得やWebサーバー、メールサーバーのコスト、SSL/TLSの費用などがあり、制作に必要なコストにはサイトに使用する写真やイラスト、言語は日本語のみなのか、コピーライティングや文章の編集や校正にもコストがかかるので細かく分類してコストを出しておきましょう。

 

まとめ

企業の新プロジェクトの一環として、プロジェクトを認知させるために必要不可欠なWEBサイトは、専門会社に依頼を出して制作をしてもらうことが一般的です。制作にかかるコストやランニングコストなど作成にかかる概算の見積もりは自分でもある程度把握しておくことは重要ですし、希望するサイトの調査、方向性の確定を決めてから相談をすることが大切です。

ブログ一覧へ戻る