提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

絶対に知っておきたい、正しいSEO対策の基礎  

WEBの仕事経験の浅い人に「SEO対策」といっても、あまりピンとこない人が多いようです。またSEOに関する仕事の経験豊富な人でも、Googleの仕様変更などによりSEO対策に苦戦しているという人が増えています。そもそもSEO対策とはいったいどんなことをいうのか、またSEO対策で重要なポイントとなる「検索キーワードとSEO対策」の関係についてこれからお話していきます。

 

「SEO対策とは?」

「SEO」とは、「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)」の略称で、「検索エンジン最適化」という意味があります。ユーザーニーズにあったコンテンツの提供や、優良な被リンクを集め、適正な評価を得て検索エンジンの上位に表示されるように行う対策になります。似たようなものに「リスティング広告」がありますが、こちらはお金を払うことで検索上位に表示されますが、SEO対策ではお金を払わずに、キーワード検索に引っかかりやすくすることや、アクセス数を増やすことで上位表示させるのが目的となります。

SEO対策は検索エンジン対策

検索エンジンは世界各地でたくさんの種類がありますが、日本国内では「Yahoo!」と「Google」の2つがメインとなっており、この2つで上位表示されることでSEO対策ができているといえます。Yahoo!とGoogleは別物と思われていますが、Yahoo!はGoogleの検索エンジンを使用しているため、GoogleのSEO対策ができていればSEO対策ができているといえるのです。しかしYahoo!の場合、独自コンテンツや提携企業などが優先して挿し込まれるということを理解しておく必要があります。

 

「SEO対策と検索キーワードの関係性」

SEO対策で最も重要になってくるのが「検索キーワード」で、SEO対策のために検索キーワードについて知っておく必要があります。検索キーワードということからユーザーが集まりそうな言葉を選んでしまいがちですが、「ユーザーニーズ」とマッチしたものでなければSEO対策の意味がありません。キーワードを使ったSEO対策を行うのであれば、次の3つのポイントを重点的に考えましょう。

ユーザーニーズを理解する

ユーザーニーズを知るにはいろいろな方法がありますが、Googleの検索ボックスに文字を入れたときに表示される、「サジェストキーワード」からユーザーニーズを知ることができます。サジェストキーワードは、世界中で多く入力されているキーワードが表示されるため、ユーザーニーズを把握しやすいです。

ツールを使ってキーワードを調べる

Googleが無料で提供している「キーワードプランナー」やYahoo!の「キーワードアドバイスツール」を使うことで、毎月の検索件数や表示回数、競合の数や広告を出すときの入札単価などを知ることができます。

検索キーワードはひとつのページにひとつが原則

ひとつのページにたくさんのキーワードを入れたくなりますが、基本的にSEO対策では「ひとつのページに対しひとつのキーワード」となります。ひとつのページにたくさんのキーワードを入れ、できるだけたくさんのアクセスを稼ぎたくなりますが、あまりにも多くキーワードを散りばめすぎると、そのページのメインキーワードがぼけてしまって検索エンジンの評価が上がらなくなってしまいます。

 

まとめ

SEO対策では、コンテンツ内容も重要ですが、ユーザーニーズに応えたキーワード設定を行うことが基本です。Googleの検索システムは常に改善されていますが、SEO対策の基本となるのは「キーワード」なので、しっかりとユーザーニーズに応えたキーワードを設定する必要があります。 そしてサイト内部・外部への対策やコンテンツ対策も行うことで、Googleの検索エンジンにサイトの内容を伝えやすくなり、上位表示されやすくなるので、SEO対策がうまくいっていないのなら一度キーワードを見直してみることをおすすめします。

 

ブログ一覧へ戻る