提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

子供に教えられる?プログラミングの義務教育  

教育方針には様々なものがありますが、小学校からプログラミング教育が必修となります。それによって小さなお子さんがいる家庭では、宿題が出されたときに子供に聞かれる可能性も大きいです。インターネット関連の仕事をしている人であればいいですが、それ以外の人にとってはさっぱりわからないものです。そのため子供に教えるとしたらどうすればいいのか、ポイントを押さえておくことが重要になります。

 

基本的にコンピューターが必要です

プログラミングを勉強するにあたり基本的な知識を得ることは重要ですが、それを使えるようになるには実際に入力していく必要があります。そのためパソコンなどのコンピューターが必要となり、子供が自宅でも勉強できるようにするには用意しておかなければいけません。タブレットやスマートフォンでもしようと思えばできますが、画面が小さければ操作もしづらく視認性も悪いです。それを避けるためにもある程度の画面の大きさのものは、用意しておく必要があります。
また効率的に勉強させるには、インターネットに繋がる環境であることも重要です。わからないことがあればすぐに調べることができるだけでなく、プログラミングを勉強するサイトもあるため利用することが大事です。ブログなども自分でデザインなどを変えることができるので、楽しく覚えていくためにはインターネット環境はとても大切になります。このようなことがあるためしっかりとした教育を行うためには、パソコンやタブレットなどといったコンピューターは必要不可欠な存在になります。

 

教えるためにはどんな能力が必要か

プログラミングを教えるには、まずキーボードで文字が打てることは前提です。スムーズに入力していくためにも、タッチタイピングをできるようになっていると便利です。そして必ず覚えておきたいものが、プログラミング言語と呼ばれるものになります。ブログやホームページを構成しているものはHTMLやCSSというもので、それぞれ対応する言語を入力することでデザインや文字の大きさや色など様々なものを変更することができます。基本になる物はHTMLやCSSですが、そのほかにもJavaScriptやRubyといったものなど色々とあるものです。

子供に教えるとなると基本的なことはしっかりと理解している必要があり、そのための勉強もしておくことが大切です。本を買ってきて勉強することも手段の一つですが、様々なサイトでこれらを学べるようになっています。無料でできる所や有料で動画などを見ながらするところなど、運営会社によって特徴が違います。まったく触れたことがないという人は、このような所で学ぶことも一つの方法です。

 

まとめ

プログラミング教育が義務化になることにより、家庭で教えなければいけない機会も増え負担も増加することになります。その際に初めてこのようなことに触れる場合は、わからないことが多く教えることも難しいです。そのような場合にはインターネット上で勉強できるサイトを探して、子供と一緒に勉強していくこともやり方の一つになります。

ブログ一覧へ戻る