提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

マーケティング手法の基礎/Webサービス成功の秘訣  

WEB制作を考える上で、マーケティングの知識というのはとても大切です。
単にサイトを構築するのでしたら誰でもできますが、できるだけ多くの人に「見てもらう」ということを意識したWEB制作が必要になります。
多くの人を集客し、製品を購入してもらうように誘導しなくてはいけません。
そのためのターゲットを決めることも大切になってきます。
ここでは、マーケティングの説明とその役割と重要性について説明します。

 

マーケティングの定義

マーケティングは市場調査とも言われることがありますが、もっと突き詰めると「モノを売る仕組みを作る」ことです。
理想として考えたいのは一度構築すれば、それ以降は自然とモノが売れていくことです。
広義でマーケティングを考えてみましたが、これをWEB中心に考えたものがWEBマーケティングです。
WEBマーケティングの根幹となるのがWEB制作、つまりはサイト構築であり、そのサイトに(ターゲットを絞って)誘導し集客する、そして商品を購入してもらうのです。
こう書いてしまうと簡単なように見えますが、不特定多数のある意味世界中のネット利用者の中からターゲットを絞ってサイトに誘導しなくてはいけないのですから大変です。
そのために大切なのがマーケティングの考え方なのです。
WEBマーケティングはつまり、WEBを活用するのはもちろんですが、消費者にサービスを広め、商品を買ってもらうことが目的です。
そのための活動を広くマーケティングと呼んでいるのです。
そして、WEBを利用しているのですからWEBマーケティングとなります。

 

マーケティングの役割と重要性

マーケティングの最終的な目的は自社の利益です。
会社組織ですから、当然のことなのですが、そのために重要なのが集客です。
・ターゲット
・誘導
・購入
とにかく、サイトに集客しなくては意味がありませんから、そこからターゲットを絞り、誘導し、購入してもらうという流れになるのです。
集客前にターゲットを絞るマーケティング手法もありますが、まずは誰でも来てもらう、といった集客方法が利益の機会損失を防ぐことにもなるので、これはしっかりと覚えておきたいところです。
現在は、商品について知りたいことがある場合、全てWEBで調べる時代です。
商品についての口コミサイトもあり、こうしたサイトはメーカーサイドや販売サイドにしてみるとかなり緊張を強いられるものでもあるのです。
逆によい商品を作って、よい口コミが溢れればそこから集客はいくらでも可能となります。
結果的によい商品を作ればよいということになるのですが、その商品を宣伝しなくてはいけません。
そこにWEBマーケティングの真骨頂があり、宣伝し集客をするということがとても大切になるのです。
集客するための方法は、SEO、広告、ブログ、SNSなどさまざまです。
そして、来てもらうだけではだめで、そこからさらにリピートしてもらうことが大切になります。

 

まとめ

WEBマーケティングが最終的に目的とするところは、利益の追求です。
そのためのマーケティングを考えると以下のことが重要です。
・集客
・ターゲット
・誘導
・購入
・リピート
購入が終わりではありません。
リピートしてもらう…つまりはサイトに再び来てもらうことです。
そして、他の商品も買ってもらう、友人に紹介するといったことを期待できるのがマーケティングの最終目標でもあるのです。

ブログ一覧へ戻る