提案型WEB制作なら東京のNext

ブログ

デザインのUIとUXってよく聞くけど/デザイナーが徹底解析  

現在のデザイン、特にWEBデザインやアプリデザインを行うとき、必ず考えなくてはならないのがUI・UXといった、ユーザーにとって良い使用感や体験をもたらす物です。

とはいえ、この二つはかなり似ているため、それぞれの言葉の違いをしっかり理解しなくてはなりません。当記事では、二つの言葉の意味を紹介しましょう。

 

そもそもUIとはなにか?

UIとは「ユーザーインターフェース」のことを指します。ユーザーとインターフェースのスペルの頭文字を取って、今ではUIと表記することが多いでしょう。

これは基本的にユーザーにとって使ってもらうための橋渡し役、入出力部分というような意味合いがあります。基本的にユーザーにとって触れること、動かすことによって様々な動きや役割を持っているもの、ということになりますね。

例えばスマートフォンの電源ボタンや画面上の全てのボタンがこれに当てはまります。また、パソコンの場合はキーボードやマウスなどが当てはまり、その他家電などの操作ボタンもインターフェースといえるでしょう。

WEBデザインの場合、UIを自由に設計できる傾向があります。この時に余りに難しいインターフェースにしてしまうとユーザーが迷ってしまい、使い辛い不便なサイトになってしまいます。不便さや誤操作を防ぎ使いやすいWebサイトにするためにどういうインターフェースにするか、というのを設計するのがUIデザイナーに求められることになります。

 

それではUXとは一体何?

 

UXとは「ユーザーエクスペリエンス」という言葉を指します。これはユーザーとエクスペリエンスのスペルの頭文字を取って表す、一株の略称でもあります。

これはそれぞれのサイトやアプリによっても違いますが、大体の場合は使用者にとってより良いサイトにする、より良いアプリにするためにはどうするか、ということを考えます。例えばクリックする時のボタンの動きをユニークにする、フォームへの入力方法を数字だけにして番号のみの入力を快適にする、などの事が求められます。最近ではアプリやWEBサイト全体の設計を行ったり、全体定期に統一して働かせることが出来る、などが求められているでしょう。

同時に用いる人によってより動かしやすく楽しいサイトにする事も考えなくてはなりません。どこにアニメーションを配置し、どこに動画を配置するか、というようなことを設計することで、よりビジュアルに訴えかけるリッチなサイトにする傾向が強くなってきています。その一方で身体障害者などへ配慮したWEBサイトの考え方も身につけると、よりよいデザインが出来るでしょう。”

 

まとめ

基本的にこういったふたつの単語はまとめて表示することが多く、かなり内容は似てきています。ただ、現在のWEBデザインでは両方とも求められることが多いため、どちらにも精通しておくことが求められているようです。WEBデザインが出来るというだけではなく、さらにそこから発展させてより良い体験を提供できるように配慮する必要があります。

ブログ一覧へ戻る